邦楽ジャーナル

「邦楽ジャーナル」最新号のご案内

最新号

詳細・ご購入はこちら
  • 定期購読
  • 一部購読
  • デジタル版購読

デジタル版の特徴
  • 保管場所が要らない
  • 掲載文字を拡大縮小自由自在
  • キーワードを入力して関連記
     事を検索することができる
  • 2ヶ月購読契約から対応

「邦楽ジャーナル」2021年5月号(412号)目次
以下<>内は執筆者名

[特集]
  • コロナの中で 2 貸切のバーチャルイベントの会場でリアル交流!<櫻樹(若林宏誌)>

  • [フェスティバル]全国学生邦楽フェスティバル/二十五絃箏制作30周年記念フェスティバル
  • [配信]日本歌曲協会/作曲家グループ〈邦楽2010〉

[人物]
  • いんたびゅう
    山野安珠美
    最初のソロアルバムは沢井曲。「私のホームはここにあります」

  • 世界の尺八 13 オーストラリアの演奏家1 アン・ミッシェル・ノーマンさん/北アメリカの演奏家1 ラルフ・サミュエルソンさん

[奏法]
  • 宮城道雄の何が凄い!? 尺八作品 34 <藤原道山> 山の水車
    (尺八が入った宮城道雄作品を毎回1曲取り上げ、その曲の魅力や、他楽器と尺八の関係、どのように演奏したら曲が生きるのかなどを、尺八演奏家の視点で藤原道山氏が紹介します。)

  • 丸田美紀の箏十か条 10 <丸田美紀> 体のメンテナンス
    (丸田美紀氏がステップアップしてくるきっかけになった出来事などを交えながら、自身が音に向き合うときに気をつけていることを十か条にまとめます。)

  • 田辺頌山の尺八吹奏クリニック 10 <田辺頌山> 横ユリの練習方法1
    (クセと個性は似て非なるもの。合理的でクセのない演奏が出来るよう、具体的に例を挙げながら1年間、誌上レッスンします。)

  • 琴古流尺八の秘密 5 <徳丸十盟> 本曲の基本技法1
    (山口五郎門下で東京藝大尺八専攻非常勤講師を務める徳丸が、流麗な琴古流の吹き方の極意を教授。)

[知識]
  • 「浪花十二月」と上方地歌 5 <菊央雄司> 皐月
    (大坂で活躍する地歌箏曲胡弓演奏家の菊央雄司が地歌作物の『浪花十二月』を題材に大坂地歌の魅力を紹介し、端歌物『ゆき』を様々な角度から検証。)

  • 虚無僧尺八の20世紀 5 <志村哲> 虚無僧はアウトローか?
    (地無し尺八吹奏家で大坂芸大教諭の志村が古典尺八を繋いできた先人とその場所にスポットを当てる。)

  • 邦楽用語きほんの「き」 55 <釣谷真弓> 九州系地歌
    (普段からよく耳にするけれど、意外と意味を知らなかったり、身近すぎて自分で調べることのなかった邦楽の基本用語を、日本音楽史を研究する箏演奏家の釣谷真弓さんが簡潔に説明します。)

  • 1分間「箏曲地歌」アナウンス 165 <野川美穂子> 筆の跡
    (演奏会のアナウンスやプログラムに無料で使用できる解説文)

[エッセイ]
  • リレーエッセイ 5 <杵屋小三郎> 更新されゆく文化の上に
    (演奏家や作曲家を中心に楽しいエッセイでつなぐ友達の輪。まずは若手からスタート!)

  • おと・かたち・いろ考 77 <村尚也> 赤い鳥から、かなりやへ
    (舞踊家・舞台演出家・評論家、村尚也氏が「日本の音」を解きほぐします。)

  • ヒダキトモコのつぶらな目
    (表紙といんたびゅうの撮影を担当する写真家の目に写るものは。)

[楽譜]
  • クラシック アレンジSCORE 9
    ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(尺八・箏・十七絃三重奏)<ベートーヴェン作曲・森亜紀編曲>

[話題・他]
  • Report
    ・第7回利根英法記念邦楽コンクール

  • News
    ・国立劇場、建替え!
    ・津軽三味線アニメ「ましろのおと」が結ぶ縁
    ・太鼓ソリスト、林英哲!
    ・2022ワールド尺八フェスティバル会場変更

  • こんなの見つけた 13 木村薫さんの浮世絵ステッカー

[CD・他]
  • New Release
    話題の新譜・新刊がズラリ

  • HOW 今月の新入荷商品/尺八本曲販売CDリスト#1
    (弊社取扱いの通信販売CD等のご紹介)
    http://hj-how.com/

[情報]
  • PICK UP 注目の公演を紹介
  • 邦楽情報 5月1日-6月30日分
  • 5月のテレビ・ラジオ放送予定の邦楽関連番組一覧
  • 邦Jフォーラム受賞、コンクール募集内容・結果など、邦楽界の様々な動きを提供
  • おけいこ場案内習ってみたい!という方へ

当サイトに掲載されている記事、写真、映像等の素材を無断で複写・転載することは著作権法上禁じられています。